今年は早い時期から暑い日が続いていますね。

熱中症対策や紫外線対策、汗や虫刺され・・・などなど、

日常で気を付けなければいけないことも多く、

必然的に荷物も増えてくる時期なのではないでしょうか。

そんな季節、今月のコラムはフォルナ東京スタッフが

いま本当に愛用しているバッグをご紹介したいと思います。

 

先方の本社に商談に行く場合など、ジャケット着用時に合うブリーフバッグ。

フォルナのブリーフはかっちりしたスーツだけではなく、ビジカジにもぴったり。

 

No.224574C Black 25,000yen+tax
No.224574C Black 25,000yen+tax

泉山「Tシャツとデニムの上からジャケットを羽織るようなスタイルに合わせやすいです。」

 

泉山「丈夫なコーデュラ製で、荷物が増えても気になりません。

雨に濡れてもタオルでさっと水気を取るだけなので安心です。

メインは2層で、外ポケットも多数あるので、何をどこに入れるか決めておくと、

お客様の前でも素早く用意できます。」

 

No.224605 Khaki 15,800yen+tax
No.224605 Khaki 15,800yen+tax

泉山妻「ナイロンなのにある程度ハリがあってしっかりしているので、汚れや傷を気にせず使えます!

外ポケットに定期などのすぐ取り出したいものを入れておくと、

背負ったままでも取り出せて便利。

小さい子どもとのお出かけには、やっぱりリュックが一番です。」

 

資料やサンプルなど、重い荷物を持って歩き回ることも多い営業職。

仕事用としてほぼ毎日、軽くて大容量のリュックで通勤しています。

 

No.224619 Black 16,800yen+tax
No.224619 Black 16,800yen+tax

川嶋「迷彩柄ですが、主張が強くない淡い柄なので、チェックのシャツでも気にせず合わせられます。」

 

川嶋「持ち歩きたいものが全部入る容量があり、軽くて丈夫です。

これからの時期は背面がメッシュになっているのも嬉しいです。

ポケットが外にも中にもあるので、僕はポーチなどは持たないので

目薬やリップクリーム、キーケースなどの細々としたものを整理して入れられて重宝しています。」

 

川嶋「夏になると、友人たちとよく車で海に出かけます。

荷物が多くなるのでたくさん入ってシンプルで合わせやすい

キャンバストートはとても便利です。

外ポケットはスマホやICカードなど、すぐ取り出したいものを入れられます。」

 

夏らしい印象のビニールバッグ。

小さめに見えますが、マチがしっかりありカゴバッグよりもカジュアルさが抑えられるので

通勤にも使えます。

 

山本「お洋服が無地の時に、ポイントとしてこのバッグを選びます。

ハンドルが革なのも良いですよね」

 

山本「天ファスナーが付いているので、毎日通勤ラッシュの電車に乗り込む私にも安心です。

お弁当が入ることが通勤バッグの条件ですが、ちゃんと倒れず入ります!

定期やスマホなど、すぐ出したいものは裏側の透けて見えるところに入れちゃってますが

これがなかなか便利です。」

 

山本姉「子どもが産まれてから、両手が空くリュックが必須になりました。

革なのでこどもっぽくならなく大人が持ちやすいし、

小柄な女性が持っても、大きさ的に大げさにならずちょうどいいです。

ベビーカーの下のカゴにすっぽり収まるのもいいです。」

 

今回の特集は、フォルナ東京スタッフと周りの人たちが、リアルに使っているバッグをご紹介しました。

少しでも、皆様のお買い物のご参考になれば幸いです。

大阪スタッフ編も近々予定しておりますので、お楽しみに!